フォト
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

山歩き

2017年8月19日 (土)

伊吹山

7月は百名山の「伊吹山」に行ってきました(我が家の男組はお留守番でした)

Imgp2371

山頂直下まで車で行けるお気楽なお山なのですが、

Imgp2372

ワンコには優しくないお山ですdespair

駐車場まではOKなので、ちらほらワンコを見かけましたが、ここまでのドライブウェイ有料代3090円かかりま~すbleah

この時期の伊吹山は高山植物のお花畑ですよ。

Imgp2393

Imgp2391

Imgp2386

この日は、山頂に近づくにつれ

Imgp2392

幻想的な感じになってきてcoldsweats02

山頂での視界は

Photo

360度、真っ白でしたwobbly

車で一気に登れるお山ですから、次回気軽にリベンジしま~すpaper

下山後、駐車場は観光バスで満車状態 登り口には登山者(観光客happy01の行列が出来ていましたwobbly

軽装で大丈夫なお山ですが、ヒールは危険ですよdanger

2017年8月 8日 (火)

高草山

1ヶ月ぶりの更新coldsweats01、ぷるも私も元気で~すpaper

途絶えていた頃に遡って、ボチボチと行きま~すcoldsweats01

7月は猛暑の中「高草山」に登ってきましたよscissors

Imgp2096

この案内図の中で、一番マイナーなコースを選択bleah(後で後悔することにsweat01

Imgp2098


Imgp2103

マイナーコースは、荒れていましたcoldsweats02

Imgp2112

あっているのか?かなり不安なコースsweat01

Imgp2113

気温はグングンup(この日は今季最高気温になったようでcoldsweats02)、時折ぷるは木陰に自主避難してましたcoldsweats01

Imgp2117

一応、コース上の目印には到達scissors

ここまで、既に45分sweat01

Imgp2119

ここから、パパさんが行きたかった「幻の池」を目指しました。

Imgp2121

沼?ヌタ場?wobbly

目指す「高草山山頂」は、まだまだ先のようで……

Imgp2128

歩き始めて1時間40分、ここでやっとメジャーなコースと合流despair

ここで持参したプチトマトを補給、美味しかった~happy01

Imgp2131

メジャーコースでは、登山者にも会いましたよhappy01

Imgp2132

2時間半かけて、やっと山頂に到達scissors

Imgp2133

お気軽ハイキングのつもりが、猛暑とコースミスでバテバテにsad

とりあえずは、撮影タイムup

Imgp2141

保冷剤入りのバンダナを巻いて、クールダウン中happy01

ゆっくりランチタイムを楽しんで、下山に備えましたhappy01

Imgp2143

下山はメジャーなコースを迷わず選択coldsweats01

Imgp2149

Imgp2156

Imgp2161

炎天下の茶畑はさながら大暑訓練bearing

Imgp2163

何度も給水タイムで、おだて&褒め&励ましながらの下山でしたhappy01

結局この日は、登り2時間半&下り45分、猛暑の中 山で過ごした時間4時間半の荒行でしたcoldsweats02

2017年6月 9日 (金)

GWもお山へ(^o^)

快晴だった「子どもの日」、母子でも登れるお山「満観峰」に行って来ましたcar

色々なコースがある中、いつもながらのお気楽コースを選択paper

Imgp1765


花沢の里を通って

Imgp1771

華道教室でしょうか?
いつも素敵な作品が飾られています。

駐車場から約1時間10分で山頂到着scissors

Imgp1829

「富士山&ぷる」で、カメラごっこしました。

小っちゃ~い富士山、探して下さ~いhappy01

Imgp1819


Imgp1827

わかりましたか?coldsweats01

次はちょっと大きいですよ。

Imgp1837

でも、雲がかかってますけど…coldsweats01

お天気に恵まれた今年のGW、母子家庭だったけど充分満喫出来ましたheart04

2017年6月 2日 (金)

粟が岳

お久しぶりですhappy01
ぎっくり腰のハプミングに見舞われ 只今 時間だけは余りある生活中bearing

放置状態だったMy Blog、一か月半前に遡って更新しま~すpaper

今年の4月は念願だった「お花見登山」が出来ましたscissors

Imgp1330


Imgp1329

この日は続々とハイカーが登って来ていましたよ。

Imgp1355



Photo


Imgp1398

お花見しながらハイキング、お奨めですよhappy01

2017年3月24日 (金)

宇津ノ谷峠

お彼岸3連休の最終日は「宇津ノ谷峠」をお散歩してきましたshoe

「道の駅 宇津ノ谷」から宇津ノ谷の集落方向に出発up

Imgp1076

タイムスリップした街並みは時間がゆっくり進んでいるようです

Imgp1085

道標は新しく、道も整備されているので安心して歩けますよ。

Imgp1087

ここから山の中へ

Imgp1092

竹林は癒されますね。

Imgp1095

短い竹林を抜けると展望が良い場所に、ここから集落が見渡せます。

この日は、梅や桜の花がきれいでしたよ。

Imgp1097

「満観峰」への新しい道が出来ていました。

でも、この日はいつも通りこちらへ

Imgp1098

写真では荒れているように見えますが、全く心配無く行けますよ。

下って行くと、「蔦の細道公園」に出ます

Imgp1100

Imgp1102

見事な庭園で、ここだけお散歩しても癒されますよ。

公園を通過すると

Imgp1108

Imgp1110

ビビリーぷるは、こんなしっかりした橋なのに奇妙な渡り方ですcoldsweats01

Imgp1111

ここから沢の横を登って行きます。

雨上がりはちょっと滑るので要注意ですねdanger

登り口から50分ぐらいで

Imgp1114

峠の頂上に到着scissors

ここでランチタイム、暫しの休憩riceball

Imgp1127

さあ、帰ろうup

帰りは下るのみ、10分程で

Imgp1132

「道の駅 宇津ノ谷」に下りて来ましたscissors

このコース、逆に進む方が大変でしょうねhappy01


2016年10月11日 (火)

満観峰

「体育の日」ですからhappy01 健康的に山歩きして来ましたpaper

山歩きにはお供を連れて

Imgp8886


Imgp8894

今日はパパさんがいなかったので、ぷるはパパの代わりに頑張っていましたよhappy01

視界が開けると

Imgp8902

まもなく

Imgp8904

予定通り1時間で到着scissors

Imgp8910


Imgp8920

うっすら富士山もcoldsweats01(わかるかな?)

質素なランチタイムup

Imgp8912

山で食べると、これが美味しいんですよhappy01

さて、下山しますかup

Imgp8923

あれ?お疲れ?

いやいや、登り以上に元気でしたよ(早く帰りたかった?happy01

Imgp8932

Imgp8941

沢も、どんどん渡って行きましたhappy01

予定通り約50分で下山scissors

花沢の里でコーヒータイム

Imgp8948

Imgp8947

こちら、ワンコはテラスのみOK!ですscissors

満観峰、ぷる地方から気軽に登れて、しかも富士山を拝める山なので私のお気に入りなんですよhappy01

思った以上に充実した3連休でしたscissors

2015年9月 6日 (日)

雨ヶ岳(1771m)

やっと晴れた土曜日、山歩きして来ましたscissors

今回の山は富士山周辺毛無山塊の北端「雨ヶ岳(1771m)でしたfuji

AM7:00 自宅出発 → 東名高速(掛川 ~ 富士) →AM9:00 富士宮市根原着

AM9:20 駐車場出発

Imgp5354

ゲートをくぐると浅間神社があったので、お参りをpaper

Imgp5356

Imgp5360

無事をお祈りして、あらためて出発up

今日のルートの一部で明日はトレイルランニングレースが開催されるようで

Imgp5362

重ならなくてよかったですsweat01

Imgp5365

Imgp5366

Imgp5370

道標に従い歩いていくと、立派な案内地図が

Imgp5375

この辺りは東海自然歩道と重なっているので、整備されていました

5分程歩くと、いよいよ山道に

Imgp5376

Imgp5378

沢は一か所だけでした。

このくらいの沢なら、ぷるも自力で渡れるとは思うのですが……なにぶん中途半端な山登り犬、足先フワフワカットなので抱っこで渡りましたcoldsweats01

ジグザグの登り坂を30分程歩くと、「端足峠(1265m)」に到着
(端足峠ハシタトウゲと読みます、タンソクトウゲではないで~すbleah

Imgp5394

ここで休憩中に、これから行く雨ヶ岳のルートが荒れていて通れないかも?という情報をGETsweat01

パパさんが下見にrun

Imgp5401

Imgp5403

私はその間ちゃっかりと撮影タイムup

Imgp5406

程なく帰ってきたパパさんの判断で、予定通り雨ヶ岳へup

Imgp5408

ここからの道程がハードでしたsad

Imgp5411

果てしなく続く急登にdowndown

Imgp5414

余裕だったのはぷるだけでしたhappy01

心が折れそうになるのを必死で奮い立たせ、なんとか山頂へ

Imgp5427

でも、ガスって期待していた富士山は見えずsad、諦めてランチタイムup

その後、約1時間休憩riceballしている間に

Imgp5433

待望の富士山がちょっとだけ顔を見せてくれましたscissors
(これが見たくって、この山を選んだのですからhappy01

お決まりの記念撮影もして

Imgp5437

下山開始の頃には、再びガスり

Imgp5440

Imgp5441

諦めて、PM1:30 下山開始up

いつまで経っても下りが苦手な私、登ってきた急登を下るのも結構神経使いましたsweat01

約1時間で再び端足峠へ、ここでこの日一番の富士山が

Imgp5453

頑張った人へのご褒美、頂きましたscissors

富士山を見ながらのコーヒータイムを満喫し、最後のひと踏ん張りup

Imgp5456

PM4:00 無事に駐車場に戻って来ました

楽しみにしていた山頂での絶景は見られなかったけれど、延々と続いた急登を思うとリベンジは多分ないでしょうネcoldsweats01

2015年8月24日 (月)

「大日ガ岳」下山編

Imgp5194

山頂でのランチタイムは約50分で終了paper

12時30分 下山開始up

ピストンコースなので、気分は楽々 コースも下りメインで楽々happy01

あっという間に鎌ヶ峰到着scissors

Imgp5202

凸凹コンビはお疲れポーズも仲良しhappy01

Photo

これ↑、ぷるの笑顔ではありませんよ~クールダウン中で~すcoldsweats01

Imgp5207

Imgp5208

Imgp5209

稜線歩きは気分もup でも、ちょっと暑~いsweat01

歩くこと約30分、水後山到着scissors

Imgp5213

Imgp5211

少し気温が下がってきたのか、ぷるのクールダウン時間も短縮confident

下るに連れ、ぷるは元気回復!?

Imgp5219

Imgp5220

Imgp5221

最後に、こんなご褒美をもらって

Imgp5223

山頂から約1時間45分で登山口に到着scissors

Imgp5225

ここからはゴンドラで楽々下山……のはずが、ぷるには最後に試練が待っていました

Imgp5229

ぷるにとって、蹴上部分が抜けている階段は恐怖のようです

最後にちょっと残念、レスキューに抱っこされてゴンドラ乗り場へhappy01

下山後はウイングヒルズ白鳥リゾート「満天の湯」で汗を流し、高山へと向かいましたcar

8月の山歩きはやっぱり2000m以上がベストだと実感しましたcoldsweats01

 

2015年8月23日 (日)

2015年 夏山旅行 「大日ガ岳」

8月19日から2泊3日で家族旅行をして来ましたscissors

といっても、我が家の旅行は山歩きがメインなのですがcoldsweats01

初日は岐阜県の「大日ガ岳」を目指して、我が家をAM5:00に出発car

途中渋滞ありでハラハラしつつも、9時頃ダイナランドスキー場に到着

今回はゴンドラを使って一気に1300m地点へhappy01

Imgp5093

 

お気楽なつもりでしたが、入山届もcoldsweats01

Imgp5096

 

 

いよいよゴンドラへ、ペットもそのまま乗れました

Imgp5099_2

約15分の遊覧飛行で山頂駅到着

いよいよ山歩き開始up

Imgp5105

 

 


Imgp5110

 

 

たまには、こんな道もありましたが

Imgp5112

ほとんどがこんな道

Imgp5115

 

 

ひたすら登って 約30分で「水後山」到着scissors

Imgp5117

 

 

Imgp5118

まだまだ元気up

目指すは

Imgp5121_2

先は長~いsweat01

ここからは稜線歩きに

Imgp5122_2

Photo_2

癒されますネheart04

水後山から約30分で「鎌ヶ峰」に到着scissors

Imgp5144

Imgp5148

稜線歩きはまだまだ続きました

Imgp5149

見晴らしはいいんですが、暑いsweat01

Imgp5152

Imgp5157

Imgp5163

心が折れそうな時に、視界に可憐な花が

Imgp5166

「あそこまで行って写真を撮ろうup

Imgp5168

人参効果ですねhappy01

Imgp5172

Imgp5178_2

Imgp5179

Imgp5180

あっという間に

Imgp5182

凸凹コンビに追いついては引き離されを繰り返しながら

やっと……

Imgp5194

Imgp5191

このコース、途中の道標が到達点以外全く無かったので、実際には頂上まで約2時間ちょっとで到達出来たのですが、とっても長~く感じましたcoldsweats02

山頂では予定通りのランチタイムriceball

Imgp5186_2

ぷるは、「叩けば冷える 瞬間冷却剤」&「自家製ミルクシャーベット」でクールダウンタイムでしたhappy01

日陰が無かった山頂は、1708mでも暑かったぁsweat01

 

                        下山編へ続く……

 

 

2015年7月18日 (土)

越前岳(1504m) 復路

頂上での30分のコーヒータイム終了、いよいよ下山up

Imgp4785

Imgp4793

Imgp4795

靄(もや)がかかって、幻想的でしたよ

Imgp4797

余裕があったのは、この辺りまで

ここから先は……sweat01

Imgp4800

Imgp4801

確かにここだけは平坦地でしたcoldsweats01

その後は……sweat01

Imgp4804

Imgp4805

Imgp4807

Imgp4810

登って来る方達も、ルートを探すのに苦労していましたよ

Imgp4811

ここで、最後の休憩sweat02

Imgp4814

天然ミストシャワーを浴びながらのコーヒータイムup

Imgp4823

Imgp4824

Imgp4830

Imgp4834

30分のコーヒータイム終了

最後の力を振り絞って、頑張ろうup

Imgp4836

「駐車場が見えてきた~」

Imgp4840

Imgp4852

Imgp4854

Imgp4855

Imgp4856

今回の「越前岳」、自然や人為的な影響で登山道がかなり荒廃していました。
このままいくと近い将来、この山は初心者レベルでは登れない山になってしまうでしょうsad

急こう配でも登山道がクリアであれば、いらぬ神経を使うことも無いのですが、今回のようにほぼ全行程で歩き易い道を探しながらは体力をよけいに消耗させました。

結果、今回はいつもより休憩時間が長かったので全行程時間が予定よりかかってしまいました。

でも、区間ごとのタイムは道標タイムよりは早かったので、ぷるも私も「よく頑張ったで賞」を貰えるかな…happy01

より以前の記事一覧

ぷる

  • S0736480
    ビビリーでケチンボでお茶目なぷるは、マッチョでアクティブな登山犬です(^o^)
無料ブログはココログ