フォト
2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

病気

2018年8月17日 (金)

カビ?!(>_<)

またまたカテゴリー「病気」でcoldsweats01
シニア犬のぷるは、あちこちにイボが出来ていますsad
老化現象なので、我が家では本人が気にしていなければ通常は放置しています。
先日、掻いている様子が見られたので、除去してもらう為に病院へcar
診断はイボが痒いのではなく、イボの周辺の皮膚にマラセチア菌(?)が増殖していることが判明sweat01

Imgp5762

普通は耳につくカビだそうですcoldsweats02
処方された薬も耳用ですcoldsweats01

Imgp5758

一緒にサプリメント「アンチノール」も処方されました。

Imgp5756

「アンチノール」?!、名前からしてアンチエイジング?coldsweats01

Imgp5764

効果があったら私も飲もうかなぁ…confident
お互いシニアは色々大変だね。
ぼちぼち、ゆっくり行こうねheart04

2018年8月16日 (木)

療法食デビュー(>_<)

カテゴリー「病気」ですが、ご心配なく病気ではありませ~んcoldsweats01
先日、延び延びになっていた12歳の健康診断(血液検査)をしてきました。
病院を変えたので、今までとは検査項目も多少変わりました。
その結果、中性脂肪値が通常の4倍sign03ということが判明sweat01
すぐに低脂肪の療法食を紹介されましたdespair

Imgp5749

どちらも食べてみましたが、食いつきはよかったですscissors
さて、迷いますねcoldsweats01

Imgp5751

ぷるも決められないようでhappy01

Imgp5755

どっちも大差ないようで……
でも確実に言えることは、低脂肪の療法食ですから 今までよりは味はdownでしょうね。
飽きないで食べてくれるといいのですが…think

2016年11月 2日 (水)

イボ

ぷるは只今10歳10か月、シニアならではの現象が出て来ていますthink

その一つがイボですcoldsweats01

以前、主治医の先生に「取り出したらきりがないですよ。身体の中にも出来ますよ」と言われたので、加齢現象と諦めていましたが、最近大きくなったイボをぷるが掻くようになったので、切除してもらうことにしました。

切除の方法は色々あるようですが、今回は液体窒素を使った凍結療法でお願いしました。

Imgp9361

「クリヨペン」 を使ってイボに液化亜酸化窒素ガスを照射します

Imgp9363

ぷるは、あまり感じてないようでしたよcoldsweats01

今回これが2回目の治療で、とりあえずこの日で終了しました。

後はかさぶたになって、自然に取れるのを待つだけです。

Imgp9364

この方法なら麻酔もいらないので、身体への負担も少なく安心だと思いましたconfident




2015年5月28日 (木)

アレルギー?(@_@;)

早朝散歩から帰宅後、ぷるはお庭へ 私はアプローチの掃き掃除へと…

しばらくすると、ぷるがお庭で狂ったように猛ダッシュdash(遠州弁ではこの様を「走繰り回る(はしくりまわる)」といいますhappy01

「お散歩したのに元気だねぇ」と思っていたのですが、この時ぷるには災難がsweat01

家に入って、ぷるの顔を見ると

Imgp4252


Imgp4253

猛ダッシュの原因は、虫刺され?despair

その後、腫れは両目にsweat01

Imgp4255

本人、全く気にしてないような…

Imgp4256


Imgp4257

その後、病院はパパさんに任せ、私は出勤car

午後帰宅すると、ぷるの顔は

Imgp4259

ほぼ、元通りになっていましたconfident

診断は「アレルギー」でした。

Imgp4261

虫刺されに因るアレルギーなのかは、はっきりわからないそうですが、以前にも庭で遊んでいて同じようなことがあったので、庭に関係した物(虫?草?木?)が原因かも??

今日は朝からびっくりさせられましたwobbly


2014年8月15日 (金)

また?(>_<)

最近ぷるの背中に異変がsweat01

Imgp0250



Imgp0251

Imgp0253

Imgp0252


3年前と同じようなことになってしまうんでしょうか?
「脱皮中?」の記事参照

只今経過観察中think

2013年8月 2日 (金)

病理検査結果(-"-)

8月突入~penguin

Dsc02915

今年の夏は、日々の気温差が激しく全く天候不順ですねsweat01

体調管理に気を付けて乗り切りましょうsign01

さて、ここからいきなり ちょっと暗~くなる話題にdown

今週の月曜日、ぷるの病理組織検査の結果が出ました。

病名は「浸潤性脂肪腫」。

「脂肪腫」自体は良性腫瘍でよかったのですが、その脂肪腫がぷるの場合は筋肉組織を巻き込みながら増殖している浸潤性の稀にあるやっかいなものだったので、再発の可能性を残してしまいましたdespair

もし、再発するとやはりまた手術になります。

腫瘍自体は良性なので命に関わることはないのですが、再発手術が続くと最悪の場合は歩行が困難になったする可能性もあるとの事でした。

でも、必ず再発するとは限らないそうで、この「浸潤性脂肪腫」はとってもグレーな奴だそうですcoldsweats02

先生は曰く、「手術の時に腫瘍が筋肉に入り込んでいたので、「浸潤性」を疑って深めに切除したので、取り切った感触はありますscissors」、この言葉にかなり救われましたconfident

今後は、再発した場合の早期発見が決めてとなります。

また、再発しない為に活性酸素を高め免疫力を上げ血液サラサラ…(人間と同じですね)、アンチエイジングに努めることも大事だそうです。

その為のオゾン療法などもあるそうですが、絶対にこれをすれば再発しないという確証はなく、いつまでやれば大丈夫かもわからないので、始めると一生続けるみたいです。

まあ、悪い方へ考え出すと涙が止まらなくなってしまうので、今は先生のあの言葉とぷるの生命力を信じたいと思っていますconfident

S0156601

すぐに結果報告したかったのですが、少なからずショックだったので今日になってしまいました。

心配して結果を待っていて下さった皆様、ご報告が遅れてしまいゴメンナサイ<m(__)m>

この夏休みは母子共にリハビリが必要かも…、ゆっくり籠りたいと思いますconfident

2013年7月23日 (火)

続 無事生還!(^O^)

肉腫切除手術から無事生還!のその後ですhappy01

PM6時半 「あいの動物病院」から帰宅rvcar

S0016624

S0026625

今回はエリザベスにビビって固まる事無く、第一関門突破でホッcoldsweats01

頑張ったご褒美にと、せっかく馬肉を用意してあったのに……

夕食禁止令 「麻酔をかけたので、今日はご飯は抜いて下さい」ですってsign01

あまりにも可哀そうなので、せめてミルクだけでも…

S0056628

この豪快な飲みっぷりに安心しましたhappy01

ミルクでご機嫌をとった後、ちょっと傷口の写真を撮らせてもらいましたcamera

S0066629

手羽先みたいでしょcoldsweats01

まだ初日ですから、傷口には大判の絆創膏が貼ってあります。

S0086632

病名は「脂肪腫」、肉腫が筋肉にまで入り込んでいたそうで(先生は予見していて「すぐに取りましょう」と言われたらしい)再発しないように予定より深い切除になりました。

なので、1週間は安静にと言われましたが……無理難題ですねcoldsweats01

腫瘍は病理組織検査に回され、結果は1週間後です。

「脂肪腫」は年齢と共に発生率も上がり、どちらかというとメスのほうが確率も高いそうです(ぷるはオスですcoldsweats01

でも、一番の原因は低酸素で口呼吸(ハァハァ)が良くないそうです。

口呼吸が良くないって言われても……wobbly

先生は、私達を見て興奮しているぷるを見て「この子の性格から見ても無理でしょうね」って笑い、「一番いいのは丸刈りですよ」って軽~く言われましたcoldsweats01

まあとにかく、ぷるはなり易い体質みたいなので早期発見するっきゃないですねcoldsweats01

今回の手術は当然全身麻酔だったので、ついでに歯石も取ってもらいました。

S0126638

きれいになったでしょscissors

次回の病院は1週間後の経過観察です。

まだ100%大丈夫のお墨付きはもらってないけど、術後のぷるの元気さから察しても多分大丈夫でしょうhappy01

良い結果をもう少しお待ち下さ~いpaper

2013年7月22日 (月)

無事生還(^O^)

PM 6:30 ぷるは、無事に自宅に生還しましたscissors

S0016624

姿は痛々しげですが、見た目に反して元気なのでご安心下さいhappy01

まずは取り急ぎご報告まで。

御心配&応援メール、ありがとうございました。

皆様の心強い応援はきっとぷるに届いていたと思いますheart04

2013年7月15日 (月)

蚊?蜂?(>_<)

日曜日 夕方涼しくなったので、ぷるはお庭でナス遊びup 私はお庭で草取りdownをしましたhappy01

30分ぐらいで共に終了paper

家に入り、ぷるの顔を見ると???

「あれ?、目が? 蚊に刺された?」

見る見る間に膨れ上がり……、蚊?蜂?wobbly

S0196505

病院へ行った方が……dash

でも、既にかかりつけの「あいの動物病院」は終了している時間で、電話しても留守電で、今日は時間外診察が出来ない旨のメッセージがsad

諦めきれず、次は以前膝蓋骨脱臼のセカンドオピニオンでお世話になった「袋井病院」へ電話してみました。

こちらも既に診療時間は終了していたのですが、運よく先生の携帯につながり「おそらく蜂でしょう。冷やして2時間ぐらい様子を見て下さい」と対処方法を教えて頂きましたsweat01

その間、ぷるは痛がったり痒がったりすることなく、食欲も旺盛coldsweats01

S0286516

親子共に夕食時、食べつつもとにかく冷やし続けましたcoldsweats02

S0366524

最初はちょっと嫌がっていたぷるも慣れたのか(観念したのか?)、大人しくされるがままに約1時間半

S0396527

やっと腫れも引いてひと安心confident

全くいろいろやってくれる我が息子、この3連休は精神的にハードで疲れましたthink

今朝、お庭で蜂を見つけましたwobbly

やっぱり蜂だったのかなぁ…?という事は2回目が危険sign02

2013年7月13日 (土)

手術!!

この記事のUPちょっと悩んだのですが、最近のMy Blog 徒然なるままにほぼ毎日更新していたので、これをUPしないと問題が深刻になり先に進めなくなってしまいそうなので、徒然なるままにサラっとUPしま~すpaper

実はぷるの右後ろ脚に肉腫が見つかり

S0166502

1週間後の月曜日、手術することになりました

S0116497

現時点では、良性か悪性かの判断は出来ないそうで、切除して病理組織検査をすることになりました。

幸いなことに、ぷるのかかりつけの病院「あいの動物病院(袋井市)」の先生は腫瘍が専門分野で手術の経験も豊富なので、とにかく信頼してお任せすることにしました。

1週間前のシャンプーで、トリマーさんに発見されるまで全く気付かなかったこの肉腫、1ヶ月前のトリミングでは無かったような…いつ頃からあったのか???

「トリミングスタジオ 4DOGS」のスタッフの皆様に感謝の気持ちで一杯です。

見つけて下さって本当に有難うございましたhappy01

今回の手術、日帰り手術ということで手術そのものは難しいものではないみたいです。

問題は病理検査の結果ですね。

先生は「多分大丈夫でしょう」と言って下さったようですが(パパ曰く)……

私も、「絶対、大丈夫!」だと確信していますgood

だって、ぷるはすご~く元気元気元気で

今日だって私が「ぷる、お庭で遊ぶ?」と誘うと

Dsc02783

めっちゃハイテンションになるし

お庭では

Dsc02808

Dsc02842

とっても楽しそうでしょheart04

こんなスーパー元気なぷるが、悪性腫瘍持っているなんて絶対に有り得ないpunch

ぷる自身、全くしこりを気にする様子もなく触っても痛がらないし、舐めたり、足をかばったりもしていないし、食欲も元気もモリモリhappy01、1週間後に手術なんて信じられないくらいです。

今年の夏もやっぱり何かが起こってしまった我が家ですthink

 (膝蓋骨脱臼、背中の変色、ヒル刺され、全て夏の出来事でした)

とりあえず、サラっとご報告までcoldsweats01

より以前の記事一覧

ぷる

  • S0736480
    ビビリーでケチンボでお茶目なぷるは、マッチョでアクティブな登山犬です(^o^)
無料ブログはココログ